鳥害対策

現場状況に応じた工法

ベランダの侵入防止対策

  • イメージ画像

    ベランダ全面に防鳥ネットを設置します。線が細い単線ネットを使用すれば、目立たず圧迫感もありません。

  • イメージ画像

    隣室との間仕切り上下の開口部も封鎖します。

  • イメージ画像

    壁の穴あけや施工時の騒音が発生しないボンドビス工法があります。

屋上の飛来対策

  • イメージ画像

    屋上は見晴らしが良いためハトの羽休め等に使われる事が多くあります。階下の通行人や駐車中の車両への糞害が発生します。

  • イメージ画像

    屋上の縁に剣山やワイヤーを設置して停留を防止します。

  • イメージ画像

    電気ショックシステムはより高い飛来防止効果が望めます。

  • イメージ画像

    支柱を立てて、屋上全体をネットで覆います。

出窓やシャッターボックス上の飛来対策

  • イメージ画像

    出窓やシャッターボックス上がハトの羽休めに使われ、ベランダや階段下に糞害が発生するケースが多くあります。

  • イメージ画像

    剣山を隙間なく設置してハトの停留を防止します。

  • イメージ画像

    忌避剤(鳥類が嫌う特殊ジェル)を使用した停留防止策もあります。

太陽光発電パネルの営巣対策

  • イメージ画像

    近年、太陽光発電パネルの下にハトが営巣し、繁殖する被害が増加しています。パネルの上に糞が落ちると、発電効率の低下につながると言われています。

  • イメージ画像

    パネルの下にハトが潜り込めないようメッシュパイプを設置します。

  • イメージ画像

    日本瓦等設置面に凹凸がある場合は、ボンドビス工法で防鳥ネットを設置します。

倉庫・工場出入口の侵入対策

  • イメージ画像

    開閉できるカーテン式のネットを設置します。リフト等の突っ込み事故が発生しないように敢えて目立つ色のネットを設置します。

  • イメージ画像

    専用のカーテンレールを使用することでスムーズに開閉できます。

  • イメージ画像

    下端に隙間ができないよう重り(チェーン)を付けます。

高所におけるハト対策

  • イメージ画像

    高所作業車を使用して防鳥ネットの設置等の施工を行います。高所作業車運転資格を取得した作業員が行います。

  • イメージ画像

    駐車スペースが無い、工場内に侵入できないなどの理由で高所作業車が使用できない場合は、ブランコ作業で施工します。

  • イメージ画像

    ロープを使用した落下防止対策を行った上で作業します。

室外機の営巣対策

  • イメージ画像

    1.室外機の下にハトが営巣し、周辺に糞が落ちています。

  • イメージ画像

    2.室外機にコナーポストを取り付け、ネットを覆います。

  • イメージ画像

    3.風でネットが浮かないよう、オモリを取り付けます。

  • イメージ画像

    4.完成
    室外機にハトは近寄れなくなりました。

室外機の営巣対策

  • イメージ画像

    支柱を立てて、屋上全体をネットで覆います。

平日9:00~17:00 電話番号:0120-810-507

平日9:00~17:00 電話番号:0120-810-507

無料相談フォームはこちら
pagetop