大阪府 工場の天井に停留する鳩の対策

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

鳩が工場の天井のパイプで休息し、糞が落下するとのこと。こうした場合、天井に防鳥ネットを張り、物理的に停留できないようにするのが最も一般的で確実な施工方法。ただ、今回の現場では、鳩は4、5羽程度、営巣もなく、まだ飛来するようになってから日が浅かったため、執着心が低いと判断。忌避材でも十分な防げると考え、依頼者の予算も考慮し、忌避材による提案をお勧めした。

バードブロックは、工法の引き出しをたくさん持っているため、お客様の予算、鳩の生態、現場の状況に応じた提案をしています。音響、忌避材、光などにより、どんな現場も対応可能な夢のような商品はありません。他の業者で怪しいと思ったら、まずはご相談ください。

01 02

bardblock

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*