熊本県菊陽町 太陽光発電パネル ハト対策

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

太陽光発電パネルを新規で設置。今のところ本物件ではハト被害は発生していないものの、周辺にハトの生息が多く、近隣の太陽光発電パネル下にハトが営巣しているため予防対策として防鳥ネットの設置を依頼されました。

施工規模: 太陽光発電パネルの外周長さ 延べ26m
工期 2人、半日
施工方法: 防鳥ネット設置/15㎜角・黒色/太陽光発電パネルの架台にボンド&ベースでネットを固定。
架台に留め具を耐候性接着剤で設置。留め具も「カーボンブラック」という紫外線遮蔽剤を配合したポリカーボネイト製のものを使用。紫外線が大量に照射する屋根では、然るべき資材を選定しなければすぐに劣化し、外れてしまいます。

バードブロックでは、経験と知識が豊富な技術者が現場の状況を的確に把握し、最適な提案を行っています。

鳩の被害でお困りの際は是非お気軽にご相談ください。
相見積もり大歓迎します。

01 02
03

bardblock

コメントを残す

*